国民相続生活センター〈相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら当センターにご相談ください。〉

トラブル解決事例2

トラブル解決事例2

分割協議に関するトラブル -お互いに納得の行く形で相続手続きができました。-

トラブル解決事例2 先日、夫が亡くなりました。

15年間の結婚生活の末、夫の浮気で離婚し、その後また再婚しました。夫は私と離婚したあと浮気していた彼女と結婚し1人子供がいます。しかし、夫は5年で彼女から離婚を申し込まれ、行くあても無く私の元に戻ってきました。最初は反対でしたが、私の子供3人にも、もう一度やり直して欲しいと結婚をすすめられ入籍しました。それから4年で病気で亡くなりました。相続財産は私と子供3人が住んでいる家だけですが、前妻の子供(未成年)にも相続権があると聞きました。まだ話はしていませんが、私の住む家ですし相続放棄をしてもらえないかと思っていますが、どうすればいいですか?

解決内容

今回は、まず始めにしっかりと話合いをする必要があるため、当人同士の話合いをすすめました。結果的に相続人全員がご納得の行く形で解決したそうです。※相続では、被相続人の方が亡くなって何年もたってから揉めてしまうこともあるので、まずはしっかりと話合いをしましょう。「相続放棄して欲しい」というお気持ちはわかりますが、生まれてきた子供には罪はありません。あなたの子供と同様に親が離婚しようと相続権があります。(成人しているか否かも関係ありません。)話しをするのに躊躇するなら、弁護士等の専門家に進めてもらうのが得策です。

  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 運営情報
  • お問い合わせ
  • 国民相続生活センターのブログ
  • 主な活動
  • お問い合わせ
国民生活相続センターホームページのTOPへ移動

Copyright c 国民相続生活センター All Rights Reserved.

相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら、どんなことでも当センターにお気軽にご相談ください。