国民相続生活センター〈相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら当センターにご相談ください。〉

トラブル解決事例1

トラブル解決事例

遺言書の作成に不安を抱えていました。

トラブル解決事例 私が死亡した後、確実に家族に相続してもらえる「遺言書」の作成について聞きたいのですが。自分の直筆で内容に不備があると効力がなくなったりして家族に余計迷惑かけてしまう気がします。不安なので、安全に残す方法はありませんか。


解決内容

確かに遺言書を残しても内容や残し方によっては、残された家族が揉めてしまう事もあります。遺言書には3つの種類があります。

  1. 自筆証書遺言(民法968条)
  2. 公正証書遺言(民法969条)
  3. 秘密証書遺言(民法970条)

上記、3種類のうち一番確実にご相談者様の意思を残せる遺言書は、2の公正証書遺言でしょう。また、公正証書遺言作成時には証人2名が必要で、なおかつ遺言書の執行者を指定しておくと良いため、専門家に依頼することをアドバイス。無事、ご相談者様は安心できる遺言書の作成をすることが出来ました。※なお、遺言執行者は相続人の同意が無くても遺言を執行できるため、遺言執行者は、自然人だけでなく法人でも構わないので弁護士法人等に委託する方法もあります。

  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 運営情報
  • お問い合わせ
  • 国民相続生活センターのブログ
  • 主な活動
  • お問い合わせ
国民生活相続センターホームページのTOPへ移動

Copyright c 国民相続生活センター All Rights Reserved.

相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら、どんなことでも当センターにお気軽にご相談ください。