来年から相続税が改正され増税となります。
このブログ内でも度々、相続税に関しての記事は書いてきましたが、簡単に対策の一部を書きたいと思います。

相続税の対象となる財産を評価額の低いものに換えたり、非課税の財産を増やしたりすることで、相続税の軽減を図る方法があります。

基礎控除額を増やす

・養子縁組で法定相続人の数を増やす

非課税額を増やす

・被相続人が生命保険に加入する
・墓石、墓地などを被相続人の生前に購入する

課税対象となる財産の評価額を下げる

・現預金を土地や建物に換える
・土地を貸したり、賃貸マンションを建てる
・小規模宅地等の特例を利用できるようにする

現預金等を土地等に換えることで相続税対策にはなりますが、その結果、納税資金がなくなっては元も子もありませんので、注意しながら早めの対策を行っていきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。