配偶者控除とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した遺産の額が、以下の金額のどちらか多い金額まで配偶者には相続税がかからないという制度で。
これからの生活資金や夫婦で協力して財産を築き上げてきたこと等が考慮されて、配偶者だけに認められた1億6千万円の配偶者控除があります。
また、その他にも配偶者の法定相続分までは課税されないという、もう1つの規定もあります。
つまり、次の2つの内どれか高い方までは非課税となるわけです。

1.1億6千万円まで
2.配偶者の法定相続分の相当額

例えば、配偶者の法定相続分が3億円であれば、3億円までが非課税となり、法定相続分が1億円であれば1億円までが非課税となります。

ただし、仮装又は隠蔽されていた財産はこの制度の対象には含まれません。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。