国民相続生活センター〈相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら当センターにご相談ください。〉

各種制度

  • HOME »
  • 各種制度

成年後見制度

成年後見制度は相続開始前の制度になります。知的障害、精神障害、認知症、といった障害や病気により財産管理ができない方、判断能力のない方が受けることのできる制度になります。その方の財産を勝手に家族や他人が管理することで不利益な事が起こる可能性が十分にあるとされ、家庭裁判所に申し立てをし、家庭裁判所から選任された者が「成年後見人」となり、その方の財産管理を行う制度になります。

任意後見制度

任意後見制度 任意後見制度は将来、判断能力が無くなった時の後見人を決めておく制度です。選任された人物は「任意後見人」と呼ばれ、自己の判断能力があるうちに、自己で選任し公正証書を作成し成り立つ契約になります。自己の判断能力が低下し財産管理のできなくなった場合に「任意後見人」が財産の管理をしていきます。また、家庭裁判所から任意後見監督人が選任され任意後見人は任意監督人に財産管理の内容を監督されます。

相続回復請求権

その相続に対する、法定相続人が相続欠格、相続排除、相続放棄により相続人でなくなった者や、相続人を装っている者が相続財産の管理、処分を行っている場合、相続人は遺産を取り戻すための相続回復請求権を行使することができます。この権利は時効が存在し、相続人またはその法定代理人が相続に対する権利を侵害されていると知った時から5年で時効により消滅。ないしは、相続の開始から20年が過ぎると権利が消滅します。

遺留分減殺請求権

遺留分の侵害を知った相続人は、その侵害を知った時に遺留分の減殺請求権を持ちます。遺留分減殺請求権は、配偶者、子、父母ないしはその上の世代に限られ、被相続人の兄弟姉妹には遺留分減殺請求の権利はありません。遺留分の減殺請求権には時効があり、原則遺留分の侵害を知った時から1年。ないしは、その侵害の認知に関係なく相続の開始から10年で消滅します。遺留分減殺請求は、本来貰うべきものを貰えない相続人に対し設けられた権利です。

上記のように遺留分の減殺請求をする側の方、される側双方の思いを分かち合うのは非常に難しいです。自己の相続の場合はどうなるのか、対策も含めてお考えの際は、当センターまでご相談ください。

  • よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 運営情報
  • お問い合わせ
  • 国民相続生活センターのブログ
  • 主な活動
  • お問い合わせ
国民生活相続センターホームページのTOPへ移動

Copyright c 国民相続生活センター All Rights Reserved.

相続の分割協議から相続登記の手続きや遺言書の対策まで、相続に関することでしたら、どんなことでも当センターにお気軽にご相談ください。