相続が始まって被相続人の不動産の名義変更をいつすればいいのかわからないと言う疑問をよく聞きます。
また、被相続人の名義をそのままにしておいても良いのかと言うご相談もあります。

原則、相続登記に期限はありませんが相続が開始したら、できるだけ早く手続きをすませましょう。

なぜなら被相続人の名義をそのままにだと、その不動産を相続したと認められず、そのため、売買や贈与もできません。

また、被相続人の名義を何年もそのままにしれおくことにより、相続人の誰かが亡くなってしまい、代襲相続で相続人が増えます。すると、相続人が誰かわからなくなってしまったり、過去の例では、代襲相続が何度も発生してしまい相続人が100人まで増えてしまうという方もいらっしゃいました。

上記のようなトラブルにならない為にも、相続登記はなるべくお早めに行われる方が良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。