相続が発生したときから、相続人同士で遺産分割協議をしているけど、相続人それぞれが自分の意見があるため、全く遺産分割協議が進まなくて困っている。という相談が増えております。
このように相続人で遺産分割協議がまとまらない、揉めてしまって協議ができない場合は、家庭裁判所で手続きを進める方法があります。
家庭裁判所による遺産分割は、調停分割と審判分割があり、審判分割からはじまるケースもありますが、実際のところ調停分割からのケースがほとんどで、審判分割を申し立てても家庭裁判所に調停分割することを指示され、調停分割から始まります。

遺産分割協議をする上でトラブルになってしまい埒が明かない場合は、このように家庭裁判所にて協議をします。望ましいのは、専門の弁護士に依頼して協力してもらうことです。
やはり相続人同士で、相続の知識がない一般の方々で話を進めてしまうと、感情論での協議になってしまいますので、冷静な第三者に入ってもらうことが1番です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。