近年、遺産相続の関心が高まり、相続対策を進める方が増えてきております。
中には相続対策として、生前贈与を活用する方もいらっしゃるでしょう。
しかし、生前贈与でもしっかりと制度を理解して活用していかねければ、反って費用がかかってしまうことがあります。

そのひとつが不動産の生前贈与と相続清算課税制度の関係です。
2500万円まで贈与税がかからないからといって何でも生前贈与すれば良いってものでもありません。なぜなら、不動産の贈与の場合、別の税金がかかってくるからです。

実際に不動産の名義変更には、登録免許税と不動産取得税がかかります。この不動産取得税という税金が以外と高いです。
しかし、相続での名義変更に関してはこの不動産取得税がかからないので税金がかなり減らすことができます。

不動産のみならず生前贈与には、以外と落とし穴が潜んでいることが多くありますので、専門家に相談してから進めましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。