亡くなる日の三年以内にもらった財産は、亡くなった日には被相続人の財産ではありません。では、なぜ相続税がかかるのでしょうか。

理由は相続税を安くし過ぎないようにするためなのです。

相続税を安くするためには生前贈与の方法があります。
しかし、生活している中で、生前贈与が有効な方法だとわかっていても実際、本人を目の前にして話しだすのが中々難しかったりと、生前贈与をしない家庭が多いのです。

そしていざ、被相続人があとわずかな命というときにあわてて、相続税を少しでも安くしようと、生前贈与をするという家庭が多いのです。

このような駆け込み的な生前贈与によって、相続税を安くすることがないように設けられたのがこの制度です。

お考えの方は、やはり早めの話し合いが大切です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

お急ぎの方はお電話でご相談ください

お急ぎの方はお電話でご相談ください

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。