当センターのブログでも、相続登記については早めに行うようすすめています。
そこで今回は、共同名義で不動産の登記は出来るかについてお話したいと思います。

結論から申しますと出来ます。
ただあまりおすすめは出来ません。

想像がつくかと思いますが共同での名義にした場合、不動産を処分したくなったときや共有者全員の同意が必要になり、簡単に売却したり担保に提供したりすることが出来なくなります。

共有ではないにしても、例えばですが自宅は長男、預金債権は次男、その他財産は三男、とそれぞれ単独で相続したり、その不動産を売却してその代金を兄弟3人で分けたほうが後々のトラブルは軽減されると思います。
そしてなにより、誰がどの財産を継承したのかとわかりやすくなりますので、一つの知識と覚えておいてもらえたら幸いです。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。