不動産は分けづらいため、共有で相続することも多いかもしれません。
ですが、相続人が複数いるケースでは、不動産は単独名義にすることをおすすめしています。

なぜなら、1つの不動産を複数の相続人で共有で所有した場合には、売りたいときに売れなかったり、売りたくないのに売らなければならなくなったりする場合があります。

理屈の上では、自己の持分だけを売ることはできますが、それを買う人はまず現れません。
そのため、他の共有者が買い受けるか、一緒に売るほかありません。

また、家屋を共有で相続すると、立て替える場合に共有者全員の承諾が必要になりますし、不動産を担保にして融資を受けるときなどに共有者全員の承諾が必要になります。
共有者がそのときは仲のいい状態であっても後々、仲が悪くなるという状況になりますと、どうしようもできなくなる可能性があります。

さらに、共有者が亡くなり、次の相続が発生してしまうと、孫、いとこ・・・と、どんどん相続人が増えますから、全員の承諾を取り付けるのは、ますます難しくなります。

ですから、兄弟等で共有名義にするのは避け、代償分割などで処理することをおすすめするのです。