・死亡した人が地方に土地を保有していた場合に、遺族の方では発見することが出来ずに、名義変更を怠ったケース
このまま放置しておくと、相続する権利を保有する相続人が時間とともにどんどん増えていき、遺産分割がスムーズに進まずに、時が経つにつれて相続人が増え、手続きなども複雑になっていってしまうパターン。

・相続人が行方不明になってしまい、その相続人が不在のため、相続ができないと思い込み名義変更をしなかったケース
相続人不在では相続が成立しませんので、このような場合は「不在者財産管理人の申立て」を行い、行方不明になってしまった相続人の代わりに、法律の専門家などが行方不明者の財産管理人として、話し合いに参加してもらい遺産を分割することができます。

・登記が必要なことすら知らないケース
土地を取得した場合は、所有権の移転登記が必要になります。建物を新築した場合などは、所有権の保存登記が必要になります。

登記をしていないと自分の権利だと主張が出来ませんし、後々のトラブルになりかけますので一旦、整理するためにも必ず相続登記を行いましょう。