相続が始まって被相続人の不動産の名義変更をいつすればいいのかわからないと言う疑問をよく聞きます。
また、被相続人の名義をそのままにしておいても良いのかと言うご相談もあります。

原則、相続登記に期限はありませんが相続が開始したら、できるだけ早く手続きをすませましょう。

なぜなら被相続人の名義をそのままにだと、その不動産を相続したと認められず、そのため、売買や贈与もできません。

また、被相続人の名義を何年もそのままにしれおくことにより、相続人の誰かが亡くなってしまい、代襲相続で相続人が増えます。すると、相続人が誰かわからなくなってしまったり、過去の例では、代襲相続が何度も発生してしまい相続人が100人まで増えてしまうという方もいらっしゃいました。

上記のようなトラブルにならない為にも、相続登記はなるべくお早めに行われる方が良いでしょう。