相続が発生し、まずは相続人と遺産分割協議を行い、誰がどのように相続をするか遺産分割の方法を決め、それから相続の手続きが始まり相続財産の名義変更等をします。
そこで、相続財産の中に不動産が含まれているケースで不動産の名義変更をすることを相続登記といいます。
この遺産相続を原因とする所有権の移転登記のことを、相続登記と呼び、専門分野としては司法書士がいます。

不動産の名義は、相続登記をそのままにしていると、相続人がどんどん増えて登記変更が複雑になってしまうだけでなく、遺産分割協議も上手いかなくなってしまいます。
このようなに複雑になってしまうと、第三者に売却しようとしても一度相続人に移転登記を行ってからでないと売却ができませんので、一般の方での解決は非常に難しくなってきてしまいます。

相続人の関係で複雑になる前に対処しておくのが得策と言えます。