相続が発生し、まずは相続人と遺産分割協議を行い、誰がどのように相続をするか遺産分割の方法を決め、それから相続の手続きが始まり相続財産の名義変更等をします。
そこで、相続財産の中に不動産が含まれているケースで不動産の名義変更をすることを相続登記といいます。
この遺産相続を原因とする所有権の移転登記のことを、相続登記と呼び、専門分野としては司法書士がいます。

不動産の名義は、相続登記をそのままにしていると、相続人がどんどん増えて登記変更が複雑になってしまうだけでなく、遺産分割協議も上手いかなくなってしまいます。
このようなに複雑になってしまうと、第三者に売却しようとしても一度相続人に移転登記を行ってからでないと売却ができませんので、一般の方での解決は非常に難しくなってきてしまいます。

相続人の関係で複雑になる前に対処しておくのが得策と言えます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。