遺産相続で被相続人の相続財産の中に不動産があることはよくあります。
本当に穏便な相続人ですんなりと遺産分割協議や遺言でその不動産を引き継ぐ相続人が決まればよいですが、不動産の相続はうまくいかないことが多いです。
遺言で揉めるケースと遺産分割協議で揉めるケースをご紹介します。

遺言で揉めるケース

被相続人と同居していた相続人の一人に不動産(土地建物)を全て相続させ、残りの少々な金銭を相続人全員で分けるよう遺言で指定があると、不動産をもらわない他の相続人に遺留分が発生するようなケース。
たとえ被相続人が遺言を残しておいても、内容によっては相続人が揉めてしまうということです。

遺産分割協議で揉めるケース

よくあるケースとしては、不動産は現金のようにきれい割って相続することが難しい財産のため「田舎に残っていたから」「誰が何%相続するか」「ここの土地は私、あなたは別の土地(価値の格差がある)」ということで揉めてしまいます。
また、逆に誰も相続したくないということで、売りに出せないような土地は処分方法、管理方法で揉めてしまうケースがあります。