不動産の相続は、一般的に相続人で分割しにくく、価値の評価も難しいので遺産相続のトラブルの原因になりやすい財産だといわれています。
例えば自宅などの住居の場合、誰が住むのかなどによってどのように相続するか難しいです。その不動産以外に金融資産があれば、その金融資産でバランスをとり相続できますが、金融資産が必ずしもその住居の相当額であるとは限りません。
では、どのように注意したらよいでしょか。

不動産の分割方法

不動産の分割方法には、次の様な方法があります。
① 現物分割・・・現在ある財産をそのまま分ける方法。
② 換価分割・・・現物としてある財産の一部ないしは全てを売却して現金にして、その現金を分ける方法。
③ 代償分割・・・分けることが困難な財産に対し使用されるもので、特定の相続人が現物を相続し、その相続人が他の相続人に対し、それ相応の現金を支払う方法。
④ 共有分割・・・不動産を「共有」で相続する方法。

以上のように分割方法は多種多様あります。それぞれに見合った方法で遺産分割協議ができればよいでしょう。