日々のご相談の中で相続登記についての注意点をご案内します。

名義変更していないので、土地の売却処理ができない

被相続人の土地や家屋を何年も放置したまま、思い立った時に相続登記をしようと他の相続人が亡くなり代襲相続が発生し相続人が増えてしまったりと、複雑になります。
その為、相続発生時よりも必要書類が増え、とにかく大変で面倒です。 この状態になってしまうと、一般の方では処理が難しい状態になります。

長い間、放置していると…

さら地や田畑など、雑草が生えっぱなしになってしまい地方自治体や周辺から苦情がきてしまいます。
家屋が建っている場合は、害虫発生や老朽化、自然災害による危険、放火など火事が発生、不審者の住みか、など様々な危険があり、実際にこのような事例はあります。

相続が発生したら、最低でも1年以内には名義変更を考えましょう。また、トラブルが起きる前に専門家に相談しましょう。