まず遺産分割の方法が決まりましたら、財産の名義変更をします。
そこで大事なのが、不動産が相続財産に含まれている場合に、不動産の名義を相続人へ移す登記です。

この相続を原因とする被相続人から相続人への所有権の移転の登記のことを、相続登記と呼んでいます。

不動産の登記は、相続登記を怠ったままにしていると、相続人が増えて相続関係が複雑になってしまうだけでなく、話し合いも上手くできなくなってしまうことがあります。
第三者に売却したい場合は、いったん相続人に相続を原因とする移転登記を行ってからでないと、売却ができないのですみやかに手続きを進めることになるでしょう。

相続人の関係面でも費用面でも複雑になる前に対処しておくのが得策と言えます。