遺産相続の期限を考えると、基本的なもので言うと「相続放棄3ヶ月」「相続税10か月」「遺留分1年」となにか制度を行使した時などに期限は関係してきますが、その他の手続きに期限というものは原則ありません。しかし、早い方が良いというのは事実です。

例えば、相続登記の場合によくることで何年も亡くなった方の名義をそのままにしてしまった時に落とし穴があります。
なぜなら、相続登記時の必要書類が集められなくなるのです。相続登記の必要書類に、被相続人の住民票の除票があります。この住民票の除票は、法律上、保存期間が5年と決められているので、5年が経過してしまうとデータが破棄され取得できなくなってしまいます。
このような場合、必要書類が変わってきますので、基本的には5年以上経過してしっまた相続登記に関しては専門家に依頼することが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。