相続が開始しますと財産の確認を行ないます。
相続の分割をしていく際に注意が必要になります。

分割をする割合を決め、相続人各々に分ける事に決まったとします。
割合の例として、配偶者1/2 子A1/4 子B1/4と分けるとします。
この時に、まず土地・建物を売却するにしろ、しないにしろどなたかの名義に変更する事が必須になります。名義を変更してどなたかが住んでいくのであれば、他の相続人に相続分を支払う方法として代償分割をする。

また、どなたかが売却を目的とし名義の変更を行ない、売却をした金銭を相続人各々の相続分に分けて行なう方法として換価分割を行ないます。
最後は、名義を単独ではなく相続人何名かで共有名義にしておくなどの方法もあります。

以上、分割の方法をあげましたが、不動産といった勝手に持ち主を変えることができないものは名義の変更を行なう事が必要になります。これは、通常の登記変更と違い相続登記という手続になります。

このように、登記と言っても数多くの種類がありそれぞれで手続きが違いとても複雑です。相続登記を行なう際は、一度専門家に相談してから行うことをお勧めします。