相続登記については特にいつまでにしなければならないという期限は設けられておりません。
そのため、相続登記をするかしないかは相続人の判断ということになります。

しかし、名義が被相続人のままだと、物件を売却したり、新しく融資を受けたりすることは一切できません。
また、いざ物件を売却しようとして、相続登記をしようとしても、 相続発生してから長期間に渡って放置してしまっていると、相続人の中で遺産相続が発生したりして、いざ相続登記をしようとした時に、当事者が増え更に手続きが煩雑になってしまう事もあるのです。

また、相続登記に必要な戸籍等の書類には保管期限があるので、必要な書類が手配できなくなってしまう可能性があります。

稀にあるケースで、数十年間登記を放置して居たために書類が廃棄されてしまい相続人の確定ができなくなってしまったり、分かっているだけで相続人が数十人になっていて、話し合いもまとまらず、仕方なく裁判を起こして名義を変えなければならないという事もあるのです。

相続登記に期限自体は設けられていませんが、名義変更はなるべく早めにしておくのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。