遺産分割協議や遺言書によって財産の分け方が決まったら次は手続きを進めていく形になります。
相続登記の手続きには特に期限は決められていませんが、相続税の申告期限が相続開始から10ヶ月と定められているため、それまでの間に手続きを済ませるのが良いでしょう。

相続登記の申請はその不動産を管轄している法務局で行います。
不動産が複数の地域にある場合は、それぞれの法務局となります。

相続登記に必要な書類
・相続登記申請書
・登記申請書の写し
・遺産分割協議書等の登記原因証明書
・住所証明書
・固定資産税評価証明書
・相続関係説明図
・戸籍や除籍等

この様に、相続登記には数多くの書類が必要となり、それを1から集めるのは中々骨が折れます。
これらの手続きを迅速に進める為に、専門家にお願いするのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。