当センターのご相談の中でも土地や建物を成り行きで相続したけれど、誰も管理せず固定資産税だけ払っているという方がいらっしゃいます。

実際に住んでいる家と相続していた家が離れていて管理が難しいといってそのまま放置してしまうことは、固定資産税を払い続けなければいけない、建物が老朽化して価値がさがるというマイナス面が多い為、得策ではありません。例えマンションであったとしても、価値は下がります。

このような場合は、相続した不動産を売却した方が最善かもしれません。しかし、中には区画整理や都市計画を期待されて土地をそのまま所有される方もいらっしゃいます。

既に相続した不動産があるが今後どのように管理するか決まっていない方や不動産を相続したけれどどう活用すればいいかわからない方は、当センターまでご相談ください。