養子縁組をすると遺留分が減少します。被相続人と一定の血縁関係にある者については、遺言に優先して、被相続人の財産から最低限度の取り分が認められています。
この最低限度の取り分を遺留分と言います。

以前にあったご相談の中で、祖父が同居している長男の子(孫)を非同居の子どもに相談することなく養子にしてしまったというケースがありました。
そして長男にすべて相続させるという遺言を書いたそうです。

この場合、孫は祖父の遺産の法定相続人の一人となりますので、非同居の子供にしてみれば、自分たちの遺留分や法定相続分が減ってしまいます。
もちろん、同意があれば問題ありませんが、揉め事に繋がる可能性が非常に高くなりますので注意が必要です。