遺留分は相続人に法律上与えられた最低保証分のことですが、その遺留分をあらかじめ推定相続人に放棄させることが出来るのです。

どういった事かと言いますと、例えば家業を継ぐ予定の長男に全ての遺産を相続させるとの遺言書を作成したうえで、長男以外の推定相続人に遺留分を放棄させたいなどの場合に遺留分放棄が出来ます。

遺留分放棄をさせる代わりに生前贈与で長男以外に財産を与えておくなどの工夫をしておくのも、遺産相続での争いが防げると思います。

似ている相続の用語で相続放棄があります。
相続放棄は相続が開始してからでないと行えませんが、遺留分の放棄は相続開始後でも開始前でもすることが出来ます。

相続族開始前の遺留分放棄は家庭裁判所の許可が必要なので覚えておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。