相続人に法律上与えられた最低保証分のことを遺留分と言います。
相続人が遺留分を侵害されたとして遺留分を請求することを遺留分減殺請求と言います。

そこで、誰が遺留分権を持っているのか、そして遺留分はどれくらいなのか、ということが気になると思います。これはどんな関係の人が相続人になるかによって異なってきます。
それぞれの相続人の場合誰がどれだけの遺留分を持つのかは以下のとおりです。

配偶者と子が相続人の場合、子1/4 配偶者1/4
配偶者のみが相続人の場合、配偶者1/2
子のみが相続人の場合、子1/2
配偶者と直系尊属が相続人の場合、直系尊属1/6 配偶者1/3
直系尊属のみが相続人の場合、直系尊属1/3
配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合、兄弟姉妹なし 配偶者1/2
兄弟姉妹のみが相続人の場合、兄弟姉妹はなし

以上のどれかに当てはまると思います。兄弟姉妹には遺留分がないというのだけ気を付けましょう。