遺留分とは、相続人が最低限相続できる権利のことです。
相続人の受ける相続分は、法律上「法定相続分」として一定の割合が定められています。
遺言者は「全財産を寄付する」「全財産を他人に譲る」などの遺言を書くことも可能ですが、もしこの遺言がそのまま実現されると、残された家族は途方に暮れることになりかねません。元々は遺言者の財産ですから、遺言者の希望通りにするのが当然という考え方もありますが、そのために遺族の最低限の生活にも困ることになってしまいます。
そこで法律は、遺言者の希望を通しながら、家族をかえりみないような行き過ぎた遺言による悲劇を防ぐために、救済処置というかたちで遺留分という権利を設けました。もともとの法定相続分よりは少ない割合になりますが、遺留分は法的権利として主張することが出来るのです。