相続をしていくにあたって話し合いで揉める代表格が遺留分減殺請求のお話です。

遺言書や生前贈与によって偏った相続があった際に発生するのがこの遺留分減殺請求になります。
遺留分の割合は法律で法定相続分の1/2と決まっていて、一見すんなり話し合いがつきそうに見えますが、不動産があった場合にその評価方法をめぐってトラブルになるご相談者様が多いように感じます。

また遺留分は当人同士で請求をしていてもそのまま無視をされてしまったり、調停自体に何年もかかってしまうケースもあるようです。

適正な金額の算出をしなければいけないことから遺留分のお話は専門家の介入は必須と言えると思います。また請求の際は言った、言わないの話にならないように相手方への意思表示は内容証明郵便にて行うようにしましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。