遺産相続のトラブルの原因の中で遺留分減殺請求が多くあげられます。

遺留分とは、簡単に言うと直系尊属に与えられた法律上最低限の相続の権利のことをいいます。
遺留分の侵害を知った相続人は、その侵害を知った時に遺留分の減殺請求権を持ち、時効としては、遺留分の侵害を知った時から1年以内に請求、またその侵害の認知に関係なく相続の開始から10年で消滅します。

よくあるケースとしては、この侵害があると知った時からトラブルが始まります。侵害がある人は、多く相続財産をもらっている人に疑問を持つようになり、当事者同士で話をすると関係が悪化してしまいます
このように遺留分の減殺請求をする側の方、される側双方の思いを分かち合うのは非常に難しいです。自己の相続の場合はどうなるのか、対策も含めてお考えの際は、専門家に相談しましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。