当センターに寄せられるご相談に遺留分減殺請求権の代襲相続についてのご相談をお伺いすることがあります。普段聞きなれない言葉なので、どういったものなのかご紹介したいと思います。

まず、遺留分減殺請求権とは遺言や生前贈与により、偏った相続があった場合に、本来もらうべき相続人が主張できる最低限の権利です。この遺留分は直系尊属のみが相続人の場合は法定相続分の1/3。それ以外の場合は法定相続分の1/2の割合になります。

また遺留分は生前に放棄することができ、この遺留分の放棄をした場合、放棄した者が被相続人よりも先に亡くなった場合はその子は「遺留分放棄したことを引き継ぐこと」になります。つまり、遺留分放棄の立場を継承するので、遺留分放棄をした者の代襲者も遺留分の請求ができなくなります。

このように遺留分の放棄は相続人に子供がいる場合、その子に対しても関係してくる行為なので遺留分の放棄は慎重に行いましょう。