日々頂くご相談の割合で最近は遺留分についての無いようが増えてきているように思えます。
そこで、今回は遺留分についての注意点をご紹介させていただきます。

まず始めに、遺留分とは、「法定相続人に最低限保証されている相続財産の割合」のことを言います。
この遺留分が侵害されている時に返還の請求を行うことを遺留分減殺請求と言います。

そして、遺留分減殺請求をするにあたって最も重要なのが、被相続人が遺した相続財産を把握することなのです。
これがわからなければ、自分の遺留分がどれくらいなのかもわからず、仮に調停になったとしても、調停員も判断をすることができません。
その為、請求する側にとってとても不利な状態となってしまい、その結果腑に落ちない金額で納得せざる負えない状況になってしまうケースも少なくありません。

遺留分減殺請求をする際は、話し合いをする前に自分の遺留分がどのくらいあるのか把握するため、専門家に財産の調査をお願いするのが良いでしょう。