当センターに寄せられるご相談に【兄弟姉妹の相続】についてのお問い合わせも多く伺います。
兄弟姉妹の相続については確認しておくべき事項がありますので相談事例から説明をしていきたいと思います。

被相続人には配偶者、子がおらず、父母も以前に亡くなっており、兄弟は被相続人である長男と次男と三男という構成で三男は以前に亡くなっており、三男には子(被相続人からみて甥)が一人いました。
分割協議をしていたところ自筆の遺言書が自宅からでてきたとのことで、次男にすべてという内容でした。

この時通常は配偶者または直系血族であれば遺留分の減殺請求をすることができますが、兄弟姉妹に関しては請求権が認められていませんので、甥はまったく相続ができないという結果になってしまいました。

このように兄弟姉妹には遺留分減殺請求権がないということをあらかじめ確認しておくことと、また兄弟姉妹の代襲相続は一回のみ(甥姪まで)となっていますのでここにも注意が必要です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。