遺留分とは、ご自身の相続分が遺言書の指定で自分の遺留分を侵害されたり、他の相続人への生前贈与により遺留分を侵害されていたりした場合に、多く財産をもらっている人に請求できる権利のことです。
しかし、この遺留分という権利は必ず請求しないといけないわけではありません。侵害されていることを知ってもご自身で納得できるのであれば何もしなければ良いのです。被相続人の思いを大切にしたいという方や生前贈与で被相続人から財産を譲り受けているのであればトラブルを避けるという意味でも、被相続人の意思を呑み込んであげましょう。

法律で遺留分を請求できる人は定められており、被相続人の配偶者・子や孫(直系卑属)・父母や祖父母(直系尊属)で、被相続人の兄弟姉妹には権利ありません。
もし、子や親がいなくて配偶者に全て相続させたいのであれば、兄弟姉妹には遺留分の権利はありませんので、遺言書で「配偶者に全財産を相続する」と書けば良いのです。

遺留分というものは、非情にトラブルになりやすいものですので、ご心配なことがあれば当センターまでご相談ください。