遺留分の侵害あるとわかり、その遺留分を受けるためには、まず「遺留分の侵害があるので最低限遺留分は欲しい」と他の相続人に意思表示をしなければいけません。しかし、相続財産を多く貰い受ける相続人自身も遺留分という権利を知らない人がほとんどなので、それから話し合いがこじれ、揉めてしまうのがほとんどです。

意思表示の方法については決まりがありませんが、意思表示をしただけでは、遺留分を返してくれないのでしっかりとした形でに遺留分減殺請求をすることをおすすめします。

請求方法としては、協議、調停、訴訟と、3種類の方法です。裁判をしないで済むのが望ましいでしょうが、結局知識のない一般の方だけで協議しても埒があかないでしょう。遺留分は法律で守られている必ず権利ですので、法律の専門家に協力してもらうのが1手っ取り早いです。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。