相続発生時に偏った相続があった際に発生するものが、遺留分減殺請求権です。

具体的には、ある特定の人物に多額の生前贈与があったり、遺言書があり本来の相続人が相続できない状態になった時などです。
この遺留分減殺請求権は民法により定められており、請求をされれば必ず応じなければなりません。

ご相談者様の多くは、遺留分という制度自体を知りません。
ご自身の財産を移すことはもちろん自由ですが、相続発生時に相続人の間でトラブルにならないよう注意をしなければならないので、良かれと思って移した財産がきっかけで亡くなった後、家族が揉めるのは避けたいものです。

回避方法としては、遺留分割合を加味した生前贈与をしたり、遺留分割合を考慮した遺言を作成するなどがあげられますが、なかなかご自身でやっていくとなると複雑なので、専門家の助けが必要になるかと思います。

移す財産が大きい場合、または偏った相続になりそうな場合は遺留分割合に注意が必要です。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。