祖父母が孫やひ孫に将来の教育資金としてまとめて贈与する際、孫1人あたりに1500万円までは贈与税が非課税になる教育資金の非課税措置に係る贈与税非課税措置制度が、2015年末までの期間限定で始まりました。

この制度を利用するためには、教育資金専用の口座開設を行い、教育資金非課税申告書をその口座の開設を行った金融機関を通して、受贈者の納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません
この期限は信託や預入などをする日までと定められております。

払い出しする時、口座のある金融機関に、学校などからの領収書を提出します。
これは教育目的に使ったと証明するためであり、基本は立て替え払いですが前払いに対応している信託銀行もあるので各銀行に確認しましょう。

利用できるのは、孫が30歳になるまでとされており、それまでに使い切らなければ残額に贈与税がかかるので注意しましょう。

この用に一見便利そうにも見えますが、制度自体が複雑なため税理士と相談しながらこの制度を利用するのが良いでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。