相続税は期限以内に金銭で一括納付が原則になりますが、あくまで原則なまでで、現金での一括での支払いがどうしても難しいという場合には廷納という方法があります。

廷納とは一定の条件を満たすことで相続税の支払いを分割にして支払う方法です。

ここで尚且つ、廷納でも支払うことが難しいという場合には、相続財産である不動産などの物で納める物納という方法もあります。

物納をする財産の価額は相続税評価額になっており、取引価額(時価)に比べて一般的には安くなります。
例えば、取引価額8千万円の土地であっても、相続税評価額が5千万円であれば、物納しても5千万円の相続税を支払ったことになります。
また、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用を受けた相続財産を物納する場合の収納価額は、これらの特例適用後の価額となります。

物納ではなく、いったん売却して現金を手に入れた後、相続税を支払ったほうが得な場合もありますので、詳しくは専門家などにご相談するとよいでしょう。