相続税は、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に申告しなければなりません。また、原則として相続税の全額を現金で納付しなければいけません。

相続税とは、亡くなった方の遺産を取得した相続人等にかかる税金のことです。
全ての場合に相続税が発生するというわけではなく、基礎控除額を超える
財産を相続する場合に発生します。
対象となる相続税は、路線価(土地の形状による減額補正後)×宅地面積を土地の位置や形状により補正した額や路線価のついてない宅地、株式証券、死亡退職金、生命保険金、自動車などがあります。
相続税を払いすぎた場合、相続税の還付といい相続税が戻ってきますが、評価する税理士のスキルにより相続税額が大きく変わってきます。

申告をしなかったり遅れたりすると、無申告加算税や延滞税等が発生課する場合がありますので、しっかりと理解しておきましょう。