相続税は、全ての相続に対して発生するわけではなく相続財産の額と相続人の人数によっては、相続税そのものが発生しないかたもいらっしゃいます。

相続税が基礎控除以下の課税価格の場合は、そもそも相続税の申告を行う必要はありません。
対して、莫大な財産で相続税を払わなければならない場合、税金の専門家である税理士に相談するのがいいでしょう。

相続税の申告と納付には期限があり、通常は被相続人が亡くなった日の翌日から10ヶ月以内に、被相続人の最後の住所地の税務署に対して行なう必要があります。
この相続税の申告の期限までに申告しない場合は、通常の相続税とは別に加算税や延滞税がかかってくることになりますので注意があります。
以上、相続税の申告と納付についてのお話でした。