相続税は、相続の開始があったことを知ってから10ヶ月以内に納付をしなければなりません。
納付の方法は原則、現金による一括納付と定められていますが、例外として一定の要件を満たせば物納も認められています。
またどうしても期限内に納税できない場合は延納の制度もあります。

相続税の延納は税金を何年かに分けて納めるもので、物納は相続などで取得した財産そのものを納めるものです。
なお、この延納や物納を希望する場合、申告書の提出期限までに税務署に申請書などを提出して許可を受ける必要があります。

納税については税務署だけでなく各金融機関や郵便局の窓口等でも行うことができます。
また、申告期限までに申告をしたとしても、税金を期限までに納めなかった場合、利息にあたる延滞税がかかる場合がありますので注意が必要です。