配偶者控除とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した遺産の額が、以下の金額のどちらか多い金額まで配偶者には相続税がかからないという制度で。
これからの生活資金や夫婦で協力して財産を築き上げてきたこと等が考慮されて、配偶者だけに認められた1億6千万円の配偶者控除があります。
また、その他にも配偶者の法定相続分までは課税されないという、もう1つの規定もあります。
つまり、次の2つの内どれか高い方までは非課税となるわけです。

1.1億6千万円まで
2.配偶者の法定相続分の相当額

例えば、配偶者の法定相続分が3億円であれば、3億円までが非課税となり、法定相続分が1億円であれば1億円までが非課税となります。

ただし、仮装又は隠蔽されていた財産はこの制度の対象には含まれません。