典型的な相続税対策の一つとして、生前贈与の例をご紹介します。
大まかな例になりますので、もう少し込み入った内容に関してはご相談ください。

資産が土地建物とは別で現金が9000万円ある。家族は配偶者と息子2人。また息子2人はそれぞれ結婚していて子供が2人ずついる。

1年目:配偶者→98万円、息子①→128万円、息子②→62万円、息子①配偶者→100万、息子②配偶者→131万円・・・・・

2年目:配偶者→69万円、息子①→70万円、息子②→105万円、息子①配偶者→89万、息子②配偶者→100万円・・・・・

以上のように、生前贈与のやり方として税務署に連年贈与と判断されないように贈与内容をバラバラにし、贈与する時期を毎年変更して財産を減らしましょう。
あくまでも、ひとつの例ですので実際に始める際には専門家に相談してから始めることをお勧めします。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。