前回に引き続き今回はタワーマンションを利用した相続税対策の応用をご紹介したいとお思います。

前記事の通りで、タワーマンションは市場価格と相続税評価額に大きな開きがあります。
また、高層階になればなるほど、市場価格はあがりますが、持ち分が変わらないため税評価額はかわりません。

その為、この差を利用して、大きな金額の贈与も可能なのです。

例えば高層階の分譲マンションを購入したとします。
そしてその分譲マンションを遺贈したい子に贈与します。
この時相続時精算課税制度を利用すれば税金を抑えられるか、払わなくても良くなります。
タワーマンションは市場価格の変動がそこまで激しくないので、贈与を受けた受遺者はすぐに売却してしまえば、ほぼ購入時と変わらない値段の贈与することができます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。