生前贈与の活用として、「贈与する人数が多い」、「推定相続人にはならない孫や推定相続人の配偶者にも贈与をしておく」、など、財産を減らす手段を増やせると良いでしょう。
また、推定相続人にならない孫や推定相続人の配偶者に贈与することで、相続税の計算時に「相続開始前3年以内に贈与された相続人への財産は、相続財産に含めて相続税の計算をする」という「みなし財産」とされてしまうことも回避できます。

また、婚姻関係が20年以上続いていて住居用の不動産を購入するためであれば、その配偶者は2000万円まで非課税となる「贈与税の配偶者控除」という制度があり、これも相続税対策の一つと言えるでしょう。

相続税対策として生前贈与は、多種多様な方法がありしっかりとした形で節税をしないと税務署からペナルティを課されてしまいます。
まず、第一に専門家に相談をしてから正しい方法で相続税対策しましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。