相続税を逃れるために財産を減らしておけば良いと単純に考える簡単に思えますが、税法の中には贈与税というものがあります。

一般的に贈与税とは、相続税の補完税といわれており、「財産を生前になくしてしまえば、相続税がかからなくなる」それができてしまえば、みんな生前贈与をして相続税を払わなくなります。

このような、相続税逃れを防止するためにも贈与税というものがあり、相続税よりも税負担が大きく設定しております。
しかし、国は救済処置として年間110万円までと余裕も持たせており、その非課税枠を上手に活用すればある程度の相続税対策をすることができるわけです。

もし、資産が多くて相続税の対象になりそうな場合は、生前贈与を上手に活用して財産をできる限り減らしておきましょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。