そもそも相続時精算課税制度とは、生前に贈与をした際にこの手続をしておけば、2500万円までは贈与税がかからなくなります。
そして、贈与税がかからない代わりに相続のとき、「贈与された財産と相続された財産を足した額に相続税がかかる。」という制度です。

相続時精算課税制度の適用対象は原則として、65歳以上の親から20歳以上の子供(子供が亡くなっているときには20歳以上の孫)となっておおります。

また、当センターに「養子にも適応できるのか?」と言うご質問をよく頂きます。
養子はいわば実子扱いなので、この制度も適応することができます。
しかし、養子期間外の贈与には適応できないので注意が必要です。

また、養子縁組中に相続時精算課税制度を利用して、その後離縁したとしても制度は適応され続けます。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。