本日は養子を使った生前にできる相続税対策をお話ししたいと思います。

養子縁組を利用した相続対策とは、被相続人と生前に養子縁組を組んでおくことにより、相続人を増やしておくという方法です。
まずこの養子縁組をすることにより以下のメリットが考えられます。

①相続税の非課税枠(基礎控除額)が増やせる。
②死亡保険金の非課税枠(基礎控除額)が増やせる。
③死亡保険金の非課税枠(基礎控除額)が増やせる。

一見良いことばかりのように思えますが、注意点もあります。
孫を養子にすると孫の相続税は二割増額されます。
基本的には一親等の親族には二割加算の適応はないのですが、平成15年の税制の改正により孫養子の相続税には適応されることとなりましたので注意が必要です。