相続税の特別な控除の中に「相次相続控除」という制度があります。

そもそも相次相続とは、1回目の相続が始まってから10年以内にその相続人を被相続人とした2回目の相続の事を言います。
例えば、父親が亡くなって、相続が発生してから10年以内に次は母が亡くなるといったケースです。

この様に、短い間で相続が立て続けに2回以上も起こると、前の相続で相続税を払っても、また、同じ財産に相続税がかかって来てしまうため、相続を受ける人は非常に大変な思いをします。

これでは納税の負担が、とても大きくなってしまいます。

そこで、一定の金額を相続税額から引いて、相続税の負担を軽くしてあげましょう、という制度があります。
これを「相次相続控除」といいます。

尚、この制度を適用できるのは法定相続人と限られますので、注意をして下さい。