平成27年1月1日の税制改正にあたり、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられます。
当センターにも相続税に関するお問い合わせが日々増えており、皆様の相続税に対する関心も高まっています。

相続税を軽減するにあたり生前にできる対策として代表的なものが生命保険を利用した節税です。

生命保険には【法定相続人の数×500万円】の控除額が設けられていまので、相続人が妻、長男、次男という家族構成の場合
1500万円の控除が受けられます。

また生命保険の利点として手続きが簡単なことも挙げられます。
受取人を指定している場合、分割協議の必要がないので、すぐに葬儀費用等に充てることが可能ですので使い勝手がよく利用する方も多くいらっしゃいます。

相続税の軽減に葬儀費用の準備に生命保険を活用していくことも選択肢のひとつとして検討されるのがよいでしょう。

相談無料
内容がまとまっていなくても大丈夫!

  • 遺産分割について親族間でもめている
  • 遺言書作成を自分で行うのが不安
  • 家族や自分が認知症になったので後見人をつけたい
  • 故人に借金や遺産があるが何からしたらいいか…

など

相続のご相談はこちら

  • 相続した土地をどうしたらいいかわからない
  • 相続した不動産を売却したい
  • 土地などの不動産を自分の子供に贈与したい
  • 不動産を活用して節税対策をしたい

など

不動産のご相談はこちら

※注意※
記事の執筆後に法令改正等が行われている場合、内容が古い可能性があります。法的手続きをご検討中の方は、弁護士・税理士・司法書士等の専門家への確認・相談をおすすめします。