人が亡くなった時に発生するもののひとつに死亡退職金があります。
この死亡退職金も生命保険と同様に税法上、【500万×法定相続分の数】の非課税限度額が設けられています。
この控除枠は生命保険とは別枠ですので同時に使うことが可能となります。

例えば法定相続人が三名の場合保険の控除で1500万、死亡退職金で1500万の控除が使えるということになります。
合計で3000万円の控除ですからかなり大きな金額になってきますので、きちんと理解して活用しましょう。

相続税を算出する際にはこのような税法上の控除できる制度の存在を確認し、自分にはどの制度があてあまるのか?

制度を利用することによってどの位軽減できるのか?を前もって知っておく必要があります。
土地・保険・死亡退職金など制度も様々なので、専門家にご相談の上進めて行くのがよいでしょう。